ビジネスマンのヘアケア

どうも、tuyaです!本日は、ビジネスマンのためのヘアケアについてです。

皆さん、ヘアケアといったら、何を思い浮かべますか?「育毛」?、「発毛」?、「白髪染め」?、様々ですよね。

  本日はビジネスマンの出世にも繋がる「美容」としてのヘアケアを、お伝えしたく思います。

目的

 そもそもなぜ、ヘアケアは必要なのでしょうか。まずは見た目ですよね。「いきなり、それかい!」と思うかもしれませんが、これはしょうがないです。

 心理学の法則である『メラビアンの法則』では、聴覚情報よりも視覚情報である「見た目」に対話者は影響されると言われます。(だからといって、話す内容がどうでも良いということではありません)

 この法則を持ち出さなくても、ある選挙があったとして、例えば「アイドルばりにイケメンな政治家」と「ちょっと不潔そうなおっさん」が、居たとしてどちらに果たして投票したいと思うでしょうか?答えは、言わなくても分かりますよね(笑)

 同じことはビジネスの場でも起きていると考えるべきです。確かに加齢と共に、ヘアケアは難しくなることは事実です。ですが努力するかしないかで、着実にその結果は異なります。そのため、ビジネスマンの皆さんは、出世のため、さらには、メンズ美容としてのヘアケアはぜひ実践してください。

ヘアスタイル

 では、具体的なお話になりますが、皆さん、ヘアスタイルのこだわりはありますか。これも様々だと思いますが、ビジネスマンとしてやっていくには、「できれば短髪」をおすすめします。

 「短髪?」と思った方もいるかもしれませんが、やはり、ビジネスの商談といった場面、職場において上司やお客様と接する場面、様々な面からも「短髪」をおすすめします。

 理由としては、ビジネス上、「耳にかかるくらいの長髪」、「眉毛より下に前髪がかかる長髪」は、やはり好まれない傾向にあります。

個人的には、前髪は「おでこが見える」くらい、サイドは「耳にかからない」がビジネスマンベストなヘアスタイルでおすすめします。

 では、短髪であれば、なんでも良いのかというと、やはり「坊主アタマ」などは避けた方が良いでしょう。坊主アタマまでいくと、相手に威圧感を与えてしまう可能性があるためです。

セット

 次にセットです。普段のヘアスタイリングも含みますが、ビジネスマンの美容という視点で重要なのは、「清潔感」と「アンチエイジング」がキーワードとなります。

 様々なヘアスタイリング剤がありますが、個人的には「清潔感」をしっかり伝えることができれば、「ヘアワックス」、「ヘアジェル」含めて、整髪剤はどれを使っても基本的には、問題はありません。

 ただ、注意としては、「整髪剤」の量には、十分に注意が必要です。身だしなみのために、使用しているのに整髪剤のつけ過ぎで、かえって「ギトギト」している方も稀に見ますがこれはNGです。ですので、整髪剤は適量を心がけましょう。具体的な整髪剤のオススメは、また、今度紹介したく思います。

 次に重要な点のアンチエイジングです。ビジネスの場でも、「若々しさ」、「元気」という価値観は重要になってきます。そうした視点からも、やはり、年齢的に白髪が出始めた方は、白髪染めをおすすめします。もっと言うなら、普段使用するシャンプーから、よりアンチエイジングを意識した商品選びをおすすめします。

 またの機会に紹介しようと思ってますが、自分が長期使用しているシャンプーは、白髪の発生を押さえる成分が入っており、同年代の比較しても圧倒的に僕自身、白髪はありません。

できれば育毛

 続いて、おすすめしたいのが、「育毛」です。「やっぱり、それかい!」という声が聞こえそうですが、「やっぱり、これです笑」

 「とは、言ってもすでにもう・・・」という方も、科学万能の現代では様々な医学的な根拠に基づいた「発毛」製品も販売されているので諦めるのは早いです。ちなみに、僕自身は医学的な根拠に基づいた「発毛」製品を3点使用しています。(あくまで、予防的な意味で使用しています)

 そこまで行かなくても、早い段階での「育毛」特に、普段のケアはとても重要になってきます。

 具体的には、「お風呂上がりのヘアケア」です。

 特に「お風呂上がりのヘアケア」は、毎日の習慣とすることが重要です。そして、順番もとても重要です。ぜひ、おすすめしたいのは「ドライヤー乾燥→育毛剤→マッサージ」をおすすめします。

 よく、ドライヤーをしてから、育毛剤を使う方を見かけますが、せっかくの育毛成分を、ドライヤーの熱で飛ばしてしまうので、育毛剤はドライヤー後に使用しましょう。  

まとめ

 以上が、ビジネスマンの美容としてのヘアケアですが、大切なことは普段から、1)ビジネスの場で周りからどう見られたいのかという意識、2)普段からアンチエイジングを意識した習慣(努力)、が重要となります。

 特に普段から習慣できれば、ヘアケアを含めてメンズとしての美容も、それほど苦労せずにできるようになります。今回、記事の中で触れたおすすめの商品などの具体的な商品は、また、別記事で紹介して行きますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です